園芸を楽しむすべての人に

草物盆栽

―涼を楽しむ草物盆栽―

梅雨の晴れ間の休日でした。でも日中は世俗の雑事に結構追われています。
昨日もそうでしたが・・(明るいうちに帰れたら今日は盆栽の作業でもやりたいなぁ・・)という事で急いで帰宅しました。

コーヒーをいれてCDをかける(BGMはアメリカ民謡-PETE SEEGER)

道具を取り出す、植物と鉢を合わせる・・これが結構悩みます。
備前焼の鉢に合わせるつもりでいたフウチソウ、あまりにも備前焼がお気に入りなので植えずじまい・・(話が違うじゃないか!!)
・・結局丹波焼とその他の鉢になりました(写真1)

写真1

ちょっとさびしいかな・・でも涼しげな感じはだせたなぁ、う~ん風流、風流!

次は姫竹。これは根洗いにしたいから駄温の浅鉢でしばらく栽培(写真2)

写真2

来年には水盤に飾れるかな・・?

ヤクシマススキ。これも好きな植物です。僕はナンバンギセルは着けません。ススキだけです(写真3)

写真3

あとは八重咲きのドクダミ。かなりお気に入り。小さい鉢で咲くかな? (写真4)

写真4

いくつかの小鉢に挿し木しました・・白雪姫って品種ありましたよね・・?(写真5)

写真5

今日はこんな感じでした。渋過ぎますかね?

自分が楽しむためにやってるんだからいいんですよ・・

 


ランキングに参加しています。
ぽちっとお願いします↓

盆栽 ブログランキングへ

人気ブログランキングへ

水辺の風景

水辺の景色っていいですね。
先日、国立科学博物館付属自然教育園にヤマザクラを見に行って来ました。ここは都心のなかではかなり自然が保存されていて湧水地もある都会のオアシスです。
水辺の植物も豊富に自生しています。
園内を歩いてみると…

 

「おっ!セリが生えている…」(写真 1)

写真1「せり」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しばらく歩いて行くと今度は「セキショウだ、ずいぶん生えているな…コレ好きなんだよなぁ…」(写真 2)

写真2「セキショウ」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本格的な盆栽の飾りでは、添えの小さい鉢仕立ての草などが同時に飾られますがこれは「草物盆栽」というジャンルになります。
樹木盆栽とは違って短期間に形になりますが、これが結構面白いんです。

 

そこで・・・「セリとセキショウでやってみよう、材料は店にもウチにもあるし…」

 

水生植物だから鉢よりも水の張れる水盤を使い、涼しげな水辺を思わせる景色を作りました。(写真3、4)

写真3

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

写真4

夏までにはちょっと気のきいたものになるでしょう。


ランキングに参加しています。
ぽちっとお願いします↓

盆栽 ブログランキングへ

人気ブログランキングへ