園芸を楽しむすべての人に

植替え

ケヤキの植え替え

以前にも紹介したケヤキです、今年で栽培9年目になります、丁度1年前です。
前回植え替えたのは2008年2月だから4年経ちますので、そろそろ植え替えてあげないと…
という事で抜きあげて念入りに土を落とす…

ちょっと根の張りが悪いかな?… でも将来の根張りを想定してかなり切り落とします…(写真3)

大丈夫です、このくらい切っても!

根元はこんな感じになります
前回よりもやや浅植えにして…たっぷり水をやって

苔は来月にしようかな…
ちなみに鉢サイズは46cm×33cm×7cmで変更なし、用土はミジンを抜いた小粒の赤玉土単用、至ってシンプル。

ここまで来るのに9年、採集した時は一本の棒だったなぁ…根張りをつくるのに接ぎ木したり、幹の傷の手入れをしたり…
一本の植物に全身全霊で取り組む…この木はそんな姿勢を僕に再確認させてくれました。

追伸

本来ケヤキの植え替え適期は3月下旬からになりますが、その頃はお店がとても忙しくて十分に作業の時間が取れるかわからないから早めにやっています、できれば最適期にやりましょう。


人気ブログランキングへ


ランキングに参加しています。
ぽちっとお願いします↓

盆栽 ブログランキングへ

人気ブログランキングへ

ケヤキのその後

ご無沙汰をしております、ブログはやっていなくても盆栽はちゃんと管理しています(笑)…かな?

相変わらずケヤキが好きなんですけど、昨春に友人からもらった全く根のなかったケヤキ(写真1、2)…順調です。

 

写真1

 

写真2

 

 

まぁ…あの状態だったから芽の出るのは遅かったですね(写真3)6月15日の状態。

 

写真3

 

それから枝が伸び出して(写真4)かなりしっかりしてきたかな?

写真4

 

 

8月11日、そして今日12月8日の落葉直後の姿です(写真5)

写真5

 

 

抜いて見ると見事な発根状態!(写真6)

写真6

 

これをバッサリと切ります(写真7)

写真7

 

ケヤキ盆栽は根張りもひとつの見所ですので、将来を見据えた樹型を想定して計画的に根の処理を行います…だけどこの個体はあまりにも個性的で、足元の曲がり部分に大きな洞(うろ)があり(写真8)その上の直線的な幹につながる、というかなりこなしにくい素材です。

写真8

 

今後は根張りを作るために浅植えにしますが、根をかなり切ったのと埋まっていた幹を地上に出したためにかなり不安定になります。
そこで石を噛ませて据わりを良くしてから(写真9)・・

写真9

 

・・さらに紐で石と幹、そして鉢をしっかりと固定して終了(写真10)。

写真10

 

これら一連の作業は本来は3月頃に行うのがベストなんですけど、その頃はいろいろな作業がかなり多くて、不本意ながら冬の今頃にしてしまいました。

 

 

人気ブログランキングへ


ランキングに参加しています。
ぽちっとお願いします↓

盆栽 ブログランキングへ

人気ブログランキングへ