園芸を楽しむすべての人に

水が冷たい水モノの仕込み

早め早めの植え替えを心掛けています、特に今春は・・・今回は殺風景な画像ばかりですが・・・

樹木の盆栽は、やりたい鉢はひと通り済ませました、あとは水生植物
の植え替えです。

まだ水が冷たいんですよ・・・しかも、作業は大体夜にやりますから、でも今のうちにやっておけば・・・
あとは楽しいことばかりです。

昨年の初夏から「ビオトープ」と称して水生植物の栽培を数年ぶりに再開しました、オモダカ、ウリカワ、

チャワンバス、コウホネ・・・などなど・・・

コイツらも器で楽しめるんですよぉ・・・(喜)
ということで・・・まずはオモダカ、つはものどもが夢のあと・・・って感じです(写真1)

地上部は枯れていますが土の中はこんな感じです。(写真2)


たくさんランナーが出て、その先端にちいさい芋みたいなのができています。

取り出して良く見ると・・・・何かに似ていませんか?・・・(写真3)

クワイの仲間なんですよ・・・と言うよりほとんどクワイ。

尖った芽の方を上にして植え付ける、こんなに小さい芋でもかなり大きく育ちますから最低15cmくらいの

容器に植えましょう。排水孔のある普通の鉢ならば植え付けたあと沈水させます、水を張れる容器なら

植えたあと水田みたいにして・・・

こんなふうに・・・(写真4)

これくらいに水を張っておきます。

今一番飼ってみたいのはカブトエビです。

もう少し暖かくなったら室内水槽のグッピーも入れたいし・・・(もっと大きな容器が必要ですが・・・)

生態系というほどのものじゃないですけど、植物の栽培と小動物の飼育を同時にできるのが

魅力と言うか、楽しみなんですよね・・・

容器がそれなりに大きければトンボが産卵に来たり、ミジンコが発生したり・・・ボウフラが湧いたり(笑)・・・

観察すると面白いですよ、もっと栽培に慣れたら「器」にこだわってみたいと思っています。

片手に乗る器で茶碗蓮を咲かせてみたい・・・


ランキングに参加しています。
ぽちっとお願いします↓

盆栽 ブログランキングへ

人気ブログランキングへ

2 Responses to “水が冷たい水モノの仕込み”

  • 藤木 孝志:

    なるほど、水物はいろいろ楽しめるのですね。僕もいつか水蓮を育ててみたいです。

    • bonsaifun:

      睡蓮とか蓮も楽しいですよ、盆栽の延長上として考えるならばセキショウ
      なんかを砂利植えにして石を配するのなんかもおすすめですね。 
      器との取り合わせと理想のサイズが難しいんですが・・・

コメント