園芸を楽しむすべての人に

アケビ  根切り・・・そして鉢合わせ・・・セトモノ道楽 後編

 

ケヤキに引き続き今回はアケビ(シロバナアケビ)です。

この木は今年の国風盆栽展の即売会で買いました(写真1)・・・盆栽を買うのは3年ぶりくらいかなぁ・・・?

アケビも好きなんです、高校生の時に学校の実習農場のフェンスにからんでいたのを採集して持って帰ったのが一番最初のアケビ栽培でした。

枝というかツルはほとんど切ってからの作業になります…そしてこの木は「根上がり」という盆栽樹形に分類されます。

これに合わせたい鉢がいくつかあるんです・・・南蛮写しか鉄画軒、染付け山水画・・・悩みますねぇ・・・

とにかく根をほどく…(写真2)

まだ枝が出来ていないから相当切ります、かなり太い根も何本か…バッサリ行きます、バッサリと(写真3)

  

ホントはもっと切りたいんですけど、これならなんとか収まるかな?(写真4)

太い根の下半分は長さが目立ちますねぇ・・・多少深い鉢に入れれば多分大丈夫・・・

あーでもないこーでもない、と二転三転して手描き染付けの鉢に合わせました・・・ こんな感じ(写真5)

思ったよりも似合いました・・・自画自賛(笑)・・・(か・・葛明祥写しがぁぁ・・陶翠がぁ・・・・・)

まぁ・・・正直、根上がり部分が幹に比べて大きいというか長いというか、高すぎる気がしますね・・・

しばらくはこれで楽しみますが将来的に根の部分は半分くらいにしてもいいかな?・・・なんて考えてもいます。

この木は今現在、花芽は着いていますが、実を着けられるかどうか微妙なところです、かなり根を切っているのと、受粉の相方(自家受粉しにくいから)がないからです、でもそれは、開花期に雄花だけ調達すればいい話ですがね・・・

前回の記事やツイッターなどでも驚かれた方々もいらっしゃいましたが、「根を大胆に切り落とす」という操作は、盆栽を仕立てていく過程において必要な局面も多々ありますが、闇雲に行ってはいけませんね。

要は、植物がその作業に耐えられるかという「コンディション」の見極めとかその後の管理とか、最適期に行うということです。

これらの作業の可否の判断は、対象植物に対して常に興味を抱き、かつ良く調べ、観察する、という経験の積み重ねから導きだされるものだと思っています、一生修行ですよね・・・                              

でも、はっきり言って盆栽とは大変恐ろしいものです、だがそれは「難しい」とか「理解できない」とか・・・                                                                                                                                         

そういうことではありません・・・そうではなく盆栽が恐ろしいのは、それがあまりにも「面白すぎる」ところなんです・・・ 

 

 

 

        

・・・・・その「面白すぎる」ということが、恐ろしい・・・・・                

人気ブログランキングへ


ランキングに参加しています。
ぽちっとお願いします↓

盆栽 ブログランキングへ

人気ブログランキングへ

4 Responses to “アケビ  根切り・・・そして鉢合わせ・・・セトモノ道楽 後編”

  • でんでんむし:

    こんにちは、アケビいいですね。 盆栽の上部と根のバランスに興味がありますので、根はどうなるのか、茂った時の仕上がりはどんな景色になるのか、今後の経過が気になります。

    • bonsaifun:

      でんでんむし様こんにちは、根と幹のバランスは僕もまだ納得出来ていないです・・・
      葉物雑木みたいに小枝はできにくいようです。
      でもあまり難しく考えないで実を着けたりしながら楽しんでいこうかな・・・って思っています。

  • 藤木 孝志:

    なるほど、根をけっこう切っちゃっていいんですね。勉強になりました。
    根上がりっていいですね。

    • bonsaifun:

      こんにちは、今回はいきなり観賞用の鉢に入れたいこともあって、このようにしました。
      根上がり樹形もなかなか楽しいですよね。

コメント