園芸を楽しむすべての人に

―残暑御見舞い申し上げます―

立秋が過ぎ、暦の上では秋ですがそんな実感全くありません… 本当に暑い日々が続いています。毎日の植物の管理も暑さとの(そして自分との)闘いです。

盆栽ではありませんが、この夏は水生植物で風流に涼しく楽しもう!…(今月は風流強化月間です)…
という事でいくつか仕込んでおいたモノが見頃を迎えてきました。

栽培容器に水を張って、水生植物を植える…小動物も一緒に育てる…
はやり?の表現でいえば「ビオトープ」という事になるんでしょうが、定義や見地の違いから、差し障りがありそうですので敢えてその表記はしません。
(ツイッターではビオトープと表現しましたが…正直、僕自身安直な言い回しだったと思います)
生物学上では、生物集団の生息環境を意味するものですが、環境保全上ではまた、解釈が違うようです…
と、まぁ…理屈っぽい話しはここまでにして、楽しく行きましょう。

 

まずは茶碗蓮。友人からもらった信楽焼の手あぶりで育てています(写真1)。

写真1

 

一番花は実に見事に咲きました(写真2)。

写真2

 

種子はできなかったです(写真3)。

写真3

 

株元はこんな感じ(写真4)。

写真4

結構混み合っていますが、メダカも3匹元気に泳いでいます。

次は八重咲きオモダカ(写真5)。

写真5

クワイの仲間なんですね。でも花は個性的でしかも美しい。まるで和菓子みたいな質感です(写真6、7)。

写真6

写真7

 

それからヒメ(?)コウホネ。光沢のある葉がきれいです(写真8)。

写真8

 

…そして生き物たち…タニシ(オオタニシ)とメダカ(ヒメダカ)です(写真9)。

写真9

どちらもよく繁殖しています。特にメダカは佃煮ができるくらい…あと、グッピーも繁殖していましたが、先週水槽に移しました(写真10)。

写真10

…と、まぁこんな感じで楽しんでいます。まだいくつかあるんですが、また次回にでも紹介します。

 


ランキングに参加しています。
ぽちっとお願いします↓

盆栽 ブログランキングへ

人気ブログランキングへ

2 Responses to “―残暑御見舞い申し上げます―”

  • 藤木 孝志:

    いいですね。タイではどこ行ってもみんな蓮(たぶん水蓮だと思いますが)育てています。僕は蓮が好きです。娘の名前を「蓮花」にしたくらいです。スペースがあったら蓮を育てたいです。

  • ムネカタです:

    先日はご丁寧なご指導をありがとうございました。忘れぬうちに帰ってすぐ、お教えいただいた通りに(と思ってはいるのですが)やってみました。見た目はきれいに仕上がった(つもり)ですけど、単に苔が元通りみたいに載せられたってことでしかないのですが…。あとはできるだけお天道さまにあてるよう気にしながら、春を待てばよいでしょうかねぇ。
    質問させてください。 1)陽にあてるのは葉がない時は無意味ですか? 2)葉がない時期でもやはり土が乾燥したら水やりは必須ですよね? 3)先日お教えいただいたことですが、もう一度すみません。根が太くないのは水やりが一定じゃないせい?また、葉が薄いのは日光が足りないせい?
    この「茶碗蓮」が気になりました!こんどお話しを聞かせてください。
    どうもありがとうございました。 宗方達郎

コメント