園芸を楽しむすべての人に

水辺の風景

水辺の景色っていいですね。
先日、国立科学博物館付属自然教育園にヤマザクラを見に行って来ました。ここは都心のなかではかなり自然が保存されていて湧水地もある都会のオアシスです。
水辺の植物も豊富に自生しています。
園内を歩いてみると…

 

「おっ!セリが生えている…」(写真 1)

写真1「せり」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しばらく歩いて行くと今度は「セキショウだ、ずいぶん生えているな…コレ好きなんだよなぁ…」(写真 2)

写真2「セキショウ」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本格的な盆栽の飾りでは、添えの小さい鉢仕立ての草などが同時に飾られますがこれは「草物盆栽」というジャンルになります。
樹木盆栽とは違って短期間に形になりますが、これが結構面白いんです。

 

そこで・・・「セリとセキショウでやってみよう、材料は店にもウチにもあるし…」

 

水生植物だから鉢よりも水の張れる水盤を使い、涼しげな水辺を思わせる景色を作りました。(写真3、4)

写真3

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

写真4

夏までにはちょっと気のきいたものになるでしょう。


ランキングに参加しています。
ぽちっとお願いします↓

盆栽 ブログランキングへ

人気ブログランキングへ

2 Responses to “水辺の風景”

  • 藤木 孝志:

    高橋さんは草ものもやるんですね。草の風景はきれいですね。

    • bonsaifun:

      こんにちは、高橋です。
      草物も少々やります。僕はどちらかと言えば水辺のウェットな草物が多いですね・・今回の作品は社内部から支持されました。

      近々、別バージョンをアップしますのでお楽しみに・・

コメント