園芸を楽しむすべての人に

雨上がりの新緑と芽摘み作業

 

植物が濡れていると手入れがやりにくいんですよね・・特に今の季節の新芽摘みとかでは・・

 

(写真1)モミジの出猩々

でも、雨に濡れた新緑の美しさはまた格別です(写真1)。モミジの出猩々、赤くても新緑!(笑)。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(写真2)黄金ツタ

黄金ツタ(写真2)まさに黄金色、でも新緑(笑)。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

不粋なようですが、新緑の美しさに見とれてばかりいると芽摘みのタイミングを逃してしまいます。繊細な枝の表現のためには的確な作業が必要です・・という事で作業開始です!

 

 

(写真3)新芽がほぼ出揃ったケヤキ

新芽がほぼ出揃ったケヤキです(写真3)。樹高約50cmです。この段階で新葉を元から2枚ないし3枚目のところで摘み取ります。枝が出来上がってきたケヤキは芽数が多いので、かなり煩雑な作業になります。
ピンセットと専用のハサミを使って延々と・・・ただひたすらに延々と、内職みたいなものですかね・・いや!修業です。作業中は電話にも出ません(笑)。

 

 

 

 

 

 

 

(写真4)摘み取った新芽

摘み取った新芽(写真4)かなり少なく感じますが、これで一時間半くらいかかりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、ケヤキ盆栽の手入れ作業の主力というかほとんどが芽摘みですが、その頻度は・・?

これは一律には言えません。木の状態(仕上がりの度合い)や、自分の要求する水準などで変わって来ます。

あとは、もうひとつ重要な手入れに「葉刈り」があり、芽摘みと連動することも多いですが、まだ先の作業となります。

これからの季節は植物の生長量・代謝量が非常に高まり、タイミングの良い管理が要求されます。肥料、水やりなどの基本的な管理の他に剪定・針金かけなどの適期になります。植物の状態をよく読んで行いましょう。

 

 

 


ランキングに参加しています。
ぽちっとお願いします↓

盆栽 ブログランキングへ

人気ブログランキングへ

コメント